FC2ブログ

某マンション現地調査。

所員KFです。

昨日、別府に住む知り合いの建築士の方から「自宅のあるマンションを

少し見てくれないか」と依頼がありました。

どうやら熊本地震の際にかなり揺れたらしく、壁面にダメージがあり

構造的な視点から見て欲しいとのこと。


早速本日、社長に同行してもらって現地を見てきました。

14階のSRC造マンションで、廊下に面した外壁にダメージが見受けられました。

ダメージを受けた壁は、図面で見る限りスリットで切られた雑壁ですので

構造耐力上特に問題はなさそうです。

管理組合に説明する必要があるので説明資料作成費用を出してくれ

とのことでしたので、見積り作成予定です。


木造の建物の被害は大きくクローズアップされるのですが、

こういった非木造の建物の被害状況を見れるのはとても貴重な経験です。

地震による実際の建物の挙動が、計算とどのようにリンクしているのかが

想像出来ます。


とは言え、被災された方はそれどころではないと思います。

構造技術者として、安全であることを十分説明し不安を少しでも取り除ければ

と考えます。
スポンサーサイト



プロフィール

さとう不動産設計事務所

Author:さとう不動産設計事務所
大分県宇佐市を拠点とする建築設計事務所です。

住宅からビル、工場まで幅広い業務を行っています。

意匠設計、構造設計、木造構造設計、耐震診断 etc

お客様の様々なニーズにお応え致します。

最新記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR